whitefox HOME | イベントログ概要 | ログ監視 | ログ保存 | ログ管理 | ログ分析 | ファイル監査


イベントログ分析ツール バックアップ/圧縮 EVTXファイル

イベントログ分析 : 2009.09.12 Saturday
2013.09.07 販売終了しました。


イベントログは Windows Server 2003以前のサーバでは 総量で300MBという制限があり、クライアントPC台数が多い場合や アクセス頻度が高い場合には、1日で300MBに到達し 上書きが発生します。イベントログの上書きが発生すると 以前のアクセスログが消失しますので アクセスログを採っている意味が薄れてしまいます。イベントログは定期的にバックアップ/クリアし、適切に管理する必要があります。

「イベントログ バックアップ機能」は、管理対象サーバのイベントログをバックアップ/クリアし、データベースにイベントログデータをロードする機能です。管理対象サーバに WhiteFox EventLog Analyzerをインストールして ローカルバックアップ/クリアもできます。管理対象サーバとネットワークで接続された分析サーバにWhiteFox EventLog Analyzerをインストールして リモートバックアップ/クリアもできます

イベントログ バックアップ

バックアップのファイル形式は、イベントビューア標準のEVT/EVTX形式と、Excelなどで読み込めるCSV形式があります。

設定した時間間隔(例:1日1回 20:00)でバックアップが行われますので、Windowsサーバーの運用管理作業が軽減されます。

バックアップの動作、スケジュールは、あらかじめ準備されているテンプレートを使用することで簡単に設定できます。多くのサーバーを管理する場合に、バックアップ動作をテンプレート化し、個々のサーバーにバックアップ動作を割り当てることで、管理の標準化が図れます。

イベントログのバックアップをおこなう前に、「どのぐらいの時間がかかるか?」「どのぐらいのファイルが作成されるか?」を考えますが、本ツールの「バックアップ予測」を使用すれば、バックアップに要する予想時間(分)、バックアップされる予想ファイル容量(KB)がわかります。
イベントログ バックアップ予測


Googleブックマークに登録Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマーク




お役立ちリンク
あなたのサーバー動いていますか? |  ログを採るだけで満足? |  イベントログ ツールズ |  Windows Vista/7/2008イベントログ |  SQL Server Express管理 | 
SharePoint 2010 Tips |  Windows Server サポート終了日

ライセンス購入・保守契約
製品購入 |  保守契約 |  FAQ |  お問合せ |  サイトマップ